エアブラシ アートギャラリー

HONDA S2000

エアブラシ 09-1

Size 594mm×376mm お客様のご依頼で描きました。すべてエアブラシで描いてあります。
細かい作業の連続で、とても時間が掛かりました。。。

途中経過の画像を撮っておきました。簡単ではありますが 私の描き方を紹介したいと思います。

エアブラシでの描き方

エアブラシ 09-2

下書きをして背景を黒で塗り潰します。 飛んでしまったミストはホワイトで消し、ひたすらシャープなエッジを作ります。

エアブラシ 09-3

地面の部分を適当に描きます。

エアブラシ 09-4

タイヤ、ホイルをニュートラルグレーとホワイトを使って描いていきます。とても細かい作業です。

エアブラシ 09-6

室内のパーツを描いてからガラスの映り込みをホワイトでムラが出来ない様にグラデーションを入れます。

とてもテクニックが必要な部分です。

エアブラシ 09-7

セピア調の色とホワイトを使いモノトーンの様な感じで描きます。 少し黄色がかかっている部分はどんな感じになるか試した部分です。

黄色を吹く前に白を使う所がポイントです。

エアブラシ 09-8

アリライドイエローに少しスカーレッドを入れ、ややオレンジ味のある黄色を作り色を付けます。

アリライドイエローは透明度が低いので、黒い部分にあまりのせない様に気を付けます。

エアブラシ 09-9

いろんな色で色調整をし、更にコントラストを上げてやります。この部分でそれぞれ描く人によって色使いが違い、クオリティーに違いが出てくると思います。

エアブラシ 09-10

ニュートラルグレーなどを使いライトなどの細かいパーツを描きます。

エアブラシ 09-11

フードなどのハイライトをより白くします。 ハイライトと影のエッジをシャープに入れてやると、艶の感じが強調出来ます。

エアブラシ 09-12

ボンピンなどを描き、全体的な色調整をして絵は完成です。

車の絵とか人物画の場合、艶の高いクリアーを吹くと色に深みが出て更に作品が際立ちます。

今回使用した塗料はエアブラシ塗料Brusherです。

 

エアブラシで描いたカーグラフィックギャラリーを作りましたので見て下さい。

エアブラシアート入門カーグラフィックギャラリー

全国に展開するエアブラシワークス!エアブラシスクール生徒さん募集中!

エアブラシスクール

エアブラシワークスTOP

エアブラシ ワークス

電話する
〒420-0801 静岡県静岡市葵区東千代田1-7-4 2F | ℡054-689-2976 | E-mail info@chuuta.com

Copyright (c)2002-2019 Chuuta. All rights reserved.
当サイトのコンテンツ無断使用を固く禁止します。

ホーム | ギャラリー | エアブラシ教室 |エアブラシオンラインスクール| エアブラシDVD |エアブラシ塗料Brusher |インフォメーション | お問合せ